映像制作の仕事内容と著作権問題を理解する

インターネット上でも様々な映像を視聴できるようになった現在では、映像によるプロモーションは宣伝活動の中でもかなり重要な位置を占めているものだと言えます。プロモーション用の映像制作を専門に請け負っている業者は非常に多く、制作環境の整った会社ではキャストの手配や音楽制作なども任せることができるようになっています。

OKWaveについて説明致します。

信頼できる業者を選び、より宣伝効果の高い映像を作るためにも、まずは映像制作における一連の仕事内容をある程度理解しておくことがおすすめです。



映像制作の仕事内容の一番の要となるのは、何といっても撮影です。

実績の高い業者では最先端の撮影機器やスタジオを所有しており、CGなどの撮影にも対応しています。


また、キャストをオーディションで選べるなど、選択肢が豊富に用意されている業者は経験値が高く順応性に優れていると言えるでしょう。

撮影後は編集作業に入りますが、これも映像制作の仕事内容の中で重要な意味を持つものです。



作品によってはBGMやナレーションを必要とする場合もあるため、専属のナレーターや音楽制作スタッフのいる業者の方が作業がスムーズにいくことになります。

完成した作品は、公開する場所や手段によってデータやDVDなどの形式で受け取ることができます。その際、著作権の問題についても確認しておくとよいでしょう。


ほとんどの場合はクライアント側に著作権が帰属される形になりますが、BGMやキャストの2次使用を禁止されるケースもあります。

MENU